ヤングリビング ドクターミンキーのアロマセミナーに参加して

ヤングリビングのアロマセミナーは期待を裏切らない、と改めて思いました。
昨日のお話もとてもすばらしく、改めてしっかりアロマを使おう、と決意させてくれました。


昨日の演者であるドクターミンキーは、ご夫婦ともマッサージセラピストであり、もう長年ヤングリビングのアロマを使って、健康につとめていらっしゃいます。


昨日は2つのお話がありました。


1つは、ミンキー夫妻の4人の子育てに使われている、とっても実践的なアロマ使用法。常にどんなオイルを持ち、どんな風に応急処置をしているのか、具体的に実践的にお話してくださいました。

たとえば、お子さんがころんで、コブを作った時、、、
手持ちのアロマを使って、どのように対処するか


たとえば、お子さんがちょっとぐったりしたり、ぐずったり、不機嫌だったり、
そんなときのオイル対処法 それが、大きな病気の予防になったり


赤ちゃんのいびき、パニック、熱射病、鼻血、出血、、


こういう具体的な例について次々お話してくれて。実にためになったのです。


私も自分自身のケアにヤングのオイルをつかって久しいので、
ミンキーがおっしゃったオイルの使い方や、使うオイルの種類は、
すごく納得がいきました。私自身も、まさにその通り、と感じました。

ただ、私は実際子供がいないので、使用量などの経験が少ないのですが、
そのあたりも実に的確に教えてくださいました。




2つ目のテーマである、アレルギーへのアロマの対応 とも絡むのですが、


ドクターミンキーの経歴はとても独特です。


彼は20歳で骨がんにかかり、その時医師に強く勧められて、化学療法を4~5回にわたって、受けたそうです。見事、がん細胞は撲滅され、がんは治りましたが、彼の肉体も同じように撲滅され(本人談)死にそうになったと言っています。

4年後、彼は今の奥様と出会い、結婚をしました。
そのとき、彼はもっと長生きしたい。もっと幸せになりたい。
そう思うようになったそうです。


そこで、健康によいことを徹底して行ったそうです。
お食事やライフスタイル、一時期は神経質になるほど、
あらゆることにこだわって、不健康なものを排除したそうです。



しかし、数年後、またお医者さんのお世話になる日がやってきたそうです。
それは、前の化学療法の治療が原因で、今度はリンパ腫がんになっていたそうなのです。
そして、医師はまた言ったそうです。「化学療法をしましょう」と!!!


ミンキーは、「バカかと思った!!!」 と言っています。

化学療法でがんになったのに、また化学療法をしようだって???
医師は、今はもっと新しい化学療法だから大丈夫だ、と。


そこで、ドクターミンキーは、決心したそうです。


「二度と病院に戻るもんか」 と。



副作用がおきるやり方はというのは、なにかがおかしい。
そのようなものは自分は取り入れない。


その後15年、彼は自分の体によいことしかしない、と決心したそうです。



こういう経験を経て、彼は今もアロマをセルフケアに取り入れているそうですが、同時にお子さんにも使っているのは、、彼の四人のお子さんが、非常にナーバスな敏感肌をもっており、その彼らにとっても、このヤングのオイルは体にあったから、だそうです。



ドクターミンキーが初めにわが家の子供たちは敏感肌で、ちょっとしたことでも顔がかぶれてしまう、という例をいくつかお話した後、アロマのお話をしてくれましたが、セミナーも後半になってミンキーの経験を伺うと、改めて腑に落ちたのでした。 ミンキー自身が、非常に化学物質に対して敏感であり、あらゆる対応をしてきたからだったのですね。




2つ目のテーマである「アレルギーについて」

花粉症や菌類や化学物質や食べ物、ストレスなどのアレルギーについても、
オイルの紹介と実践的な例をお話してくださり、今すぐにでも実践したくなりました。

やはり経験豊富なセラピストというのは、
自分独自のオイルの使い方を持っており、非常に体験が豊富なため、具体的であると感じました。



ちょうど季節は春で、デトックス力が高まる季節に
このお話を伺い、私も改めて体のケアしたくなりました~!!!

去年、ファスティング(断食)を始めたのも、思えば今ころです。。





ここで、どなたにでもできる、簡単な例を1つここの紹介しようと思います。
これは、オイルを持っていなくてもできます☆


それは、、、


白砂糖を、まずは1週間やめてみること。


できれば、1カ月くらいやめてみると、


1週間(1カ月)後、パスタを食べた時、パスタそのものの甘味を感じるようになるだろう、
とミンキーはおっしゃっていました。



お砂糖の場合は、

ナチュラルシュガーは、使ってもOKといっていたので、

粗製糖やてんさい糖、きび糖などの自然糖を使ったクッキーなどを
ミンキーのお子さんたちは食べている、といっていました。

白砂糖などの強い刺激を外出先などで食べると、
舌がひりひりして、軽いやけどのようなじょうたいになるんだそうです。



花粉症対策、私もよくお客様に甘いものと乳製品を控えるよう勧めますが、



ドクターミンキーも、

白砂糖、

乳製品

できればお肉も、、大きなお魚も、、カキも、、

やめた方がいい、と提案していらっしゃいました。



カキ大好きなので、意外だったけど、

海のお掃除をしてくれるので、養殖場のお水はキレイになるけど、
その毒素をカキの体内にためこむので、
それをたべるのは、海の毒素ごとたべるようなものなんだそうです。。。




今回のお話もすばらしく、実践的ですぐにでもシェアしたい内容でしたので、
早速お話会という形で、アロマの茶話会を行いたいと思います。




子育てママ(特に赤ちゃん~乳幼児)のためのアロマ茶話会



お子さんの有無にかかわらず、ご興味のある方はご参加いただけます。
今回は子育て系のお話に絞ります。
また別の回に、アレルギー&デトックスのテーマでもお話会をします。
数人が集まれば、茶話会ができますので、お声をかけてください。
とても実践的な内容です。オイルを購入する必要はありません。
ご希望があれば、ご注文もできます。お気楽に。



◎宇都宮

2月16日(水)午後3時~5時  
屋板サンアビリティーズ
参加費 1000円





◎那須塩原

2月22日(火)午前10時~12時
A.GRACEにて(那須塩原駅東口徒歩5分)
参加費 1000円




お申込みは、こちらへ。


メールでのみご予約承ります。




それから、、、


次回のヤングリビング社のセミナーは、、

これもすごい、興味深いです。臨床心理関係のドクターの初セミナーです。


ドクター・ベンジャミン・パーカス


「精神的健康とエッセンシャルオイル  ~潜在的可能性をどのように引き出すか~」


6月19日(日)午後1時~5時
会場 ベルサール飯田橋イベントホール

事前にご興味のある方いらっしゃいましたら、お声かけてね。
[PR]

by aromavenus | 2011-02-14 16:43 | 大好き!アロマ