アデプトの必要性

2005年6月に 『アデプトプログラム』 というスピリチュアルプログラムを受けたことで、私の人生は大きく変わりました。これは、一種の「光のイニシエーション」で、この儀式によりホワイトブラザーフット(光の奉仕団)の一員となり、古代の叡智を拝受します。アデプトとは、「大師」という意味らしく、光の世界の師ということかもしれません。このプログラムでは、「エゴの排除」 がテーマだと学びます。ミステリースクール(神秘学校)の教えは、アトランティスの時代から続く叡智で、イニシエーションは古く数万年前からある一部の人たちには行われていたものでした。


◎アデプトプログラム前後のフォローに。

◆『定期ケアクラブ』
月に1回 DNAアクティベーションやアロマヒーリングで、エネルギーの入れ替え時の混乱のお手伝いをします。6ヵ月×1万円のシリーズで、4月より始められます。しっかりとエネルギーを定着させ、ご自身の本質を活性化してゆきましょう。


◆『フラワーレメディ・ワークショップ』
レベル1 では、自分を知るワークを。レベル2では、さらに深く自分を知り癒すワークを行い、その体験から、他者をヘルプする方法を学びます。



ヤングリビングのアロマオイル取扱店、アロマヒーリング、フラワーレメディワークショップ、ヒーリングは、、
スピリチュアルアロマサロン☆VENUS







アデプトになった当初はその意味もわからず、今までの価値基準、概念、生活態度、もろもろがくずれさり、怒涛の浄化期間が続いたので、いったい自分の人生に何がおきているのか、ちっともわからずにいました。自分はだまされたのか、と疑うこともあったし、新種の宗教にはまってしまったのか、と揺らぐこともありました。しかし、その時の自分を振り返ると、どれひとつとっても自分にとって悪いことはおきていない。むしろ、ちょっと辛かったけど、結果自分は成長し、今までよりも洗練されてきている。疑いようがない目の前の現実を、ただただ受け入れるしかなかったのでした。

それは、まったく不思議、としかいいようのない出来事の連続でしたが、すべて私の内的世界で起きていたので、周りの人には理解してもらえませんでした。でも、次々と一緒に学ぶ仲間や先生がちゃんと現れてくれたので、心配よりも、喜びと希望の方が大きくなってゆきました。とても楽しく充実した時間がやってきて、驚きの連続でした。今までの自分だったら到底想像もつかない、でも心のどこかで望んでいた、よい出来事が目の前で繰り広げられ、導いてくれたので、だんだんとこの見えない存在たちを信じるようになりました。本当にいてサポートしてくれているんだ、と。アデプトプログラムの特長は、『エゴの解放』 へと導かれること、その方を守るガイドスピリット(守護霊)が4人入れ替わり、高次の存在からやってくること。高次のガイドスピリットがつくことで、自分のことをもっと高次元から見たサポートと結果(よりよい現実、変容)へつなげてゆけます。これが、目線の低い、経験の浅い自分には想像もつかない出来事がやってくる理由です。

なぜこんなことを書いているのか、というと、最近このアデプトプログラムのすばらしさを痛感しているからです。そう 「痛感」 です。

セッションルームに定期的に通われる方たちは、やはりペースの差こそあれ、お一人お一人にすばらしい変容と成長がやってきます。中には、当初の様子から私たちの思いもよらない成長を見せられる方もいらっしゃいます。やっぱりそばで見ていて感動します。でも、成長って、その人にとって心地よいこととは限らないから、ご本人的にはさしてありがたくなかったりもします。また、エネルギー的には大きくても、とてもさりげなく行われたりするので、自覚がなかったりと、人によって受け取り方は様々です。

成長や癒しの真意がわからずに、現実的な面にばかり心をとらわれていると、せっかく途中までよい形で活性化できても、活性化どまりで、また時間がたてば、少しづつ目をつぐみ、今までとあまり変わらない次元へと帰ってゆくこともあります。せっかくよい形で芽を吹きはじめても、その成長やどんな花が咲くのかも知らないままつんでしまうのは、とても残念に思います。そうはいっても、みな人生にシナリオをくんできていますから、本当に開花させたいならば、いずれまた芽吹かせ、花を咲かせてゆくのでしょう。

定期ケアクラブやお客様の中にはアデプトの方や、古代の叡智を知るスピリットの方もいらっしゃます。少しでもこの叡智の記憶を持っていれば、この世のしくみ、真の豊かさ、やすらぎ、信仰心、自己価値、というものにうっすらでも気づいています。また、ヒーリングなどで活性化されると、叡智の記憶を少しづつ取り戻してゆくようです。当然アデプトになられた方は、自覚がないにしても、多くの見えないサポーターがついているので、気づきが多く、本来あるべき姿へとおのずと導かれてゆきます。遅かれ早かれ、自らの神性に気づき、開花されてゆくことと思います。私ごときヒーラーがやっきにならなくても、ある期間、きちんと活性化のお手伝いをしてあげれば、その方を守る存在たちがちゃんと導いてくれるのです☆ステキ!

ヒーラーとして限界を感じるのは、その方に眠る種があまりにも地中深くにまかれているため、ご本人ですら気付かない、あきらめに近いモードになっていることです。私は、悟りやマスターは誰もがなれるし、またすでにマスターになっている生きた先輩たちをこの目でたくさん見せていただきました。ヒーラーさんだったり、普通に社会で活躍している人でもあります。だから、自分も努力すれば、いつかそのような存在になれる、と確信しているし、だからこそセッションやクラスを行っているのですが、先日自分とマスターは別物だと、本当に思っている方がいることを知り、愕然とし、残念に感じました。

最近、学ぶことの大切さを感じます。「無知の知」を痛感します。知らない、ことがこんなにも意識の差を作ってゆくのか、と思うと切ないです。人は勉強しないとだめなんだな、と思います。勉強といってもいろいろですから、しゃくし定規なものではないですが、勉強や世界、器を広げることが、つまりは、その人の次元をあげてゆくことになるんだ、と思います。

学ぶことは、かつては、お金もちや権威のある一部の特権階級の人たちのものでしかなかったけれど、今は違います。少なくとも日本では、学びたい、という気持ちがあれば、確実に手の届くところに学びはあります。でも、これも自ら求めないと手にい入りません。強すぎる向上心もエゴですが、でも、よいエゴがない限り、人は成長もしない、ということです。なんだか、進学塾の先生みたいになってきました(笑
「少年よ、大志をいだけ」とあるように、望まないと自分にそういった情報すらひきよせることはできません。目の前にあっても、気づかないことも多いものです。

いずれにしても、私はアデプトプログラムというすばらしいツールを知っています。
受講の仕方も、宇都宮で受講できるところも知っています。
ご興味があれば、ご連絡をください。これは勧誘というより、情報提供です。
私ももっと勉強します。みなさんのお役に立てることがあれば、いつでもサポートします。
[PR]

by aromavenus | 2009-03-31 06:44 | 定期ケアクラブ(TCC)