カテゴリ:スピリチュアルコラム( 37 )

カバラってすごい。カバラの思い出を語る(後編)

カバラの思い出が長くなりましたので、2回にわけて掲載しています。

前編はこちらへ。

後編はここから。 ↓ ↓ ↓ 

     060.gif     060.gif     060.gif     060.gif      060.gif


9月にスタートした4巡目のカバラ1のキーは「ジョイ」です。

が。あれ以降、一向にジョイはやってきません。
ただただ、喜びのない人生のみが続き、まるで暗やみです。


家の引越しは、9月上旬に決心していました。
そのため、そのころからお部屋探しをするものの、なかなか決まりません。
私がまだ夢を見ていたのです。
しかし、自分の中で、どんどん今の家に対する違和感がわいてきます。

新しい人生を行うのに、どうしてもここでは手詰まりなのです。

自分がこの部屋に持っているすべてが、また、今の自分のすべてがイヤだ、という違和感がどんどんあふれてきました。
ここを逃れたい一心で、部屋探しや、そのコンセプトを生み出そうと必死でした。

10月~11月上旬は、両親がアデプトになり、自分の人生を支えてきたもの、基盤となるものを
あらためて見つめる時期となりました。
人生において大切なものが一体何であるのか、両親とともに突きつけた時期でした。

そして、11月も後半になると、
今度は今までの自分の仕事に対する姿勢を問いただされるようになりました。
自分が今後、新しい部屋で何がしたいのか、それはイコール、今まで自分が何をしてきたのか、
を見直す旅でもありました。11月30日まで、なにか1つの流れがありました。

それが、12月に入って、また新しい流れを生み出しています。

人生の基盤、仕事とはなにか、私は人生で何を表現しようとしているのか、、、

そういったことがうっすらと見えてきた時、今度は、これらを具現化するために
いかにアバンダンスを生み出すか、イコール 私の仕事とはなにか、何を生業とするのか、
問いただされるようになりました。

そうして、うっすらとまた、形や意志が見え始めようとしている。


このプロセスを体験したとき、

これは、まったくカバラのアビスそのものだな、と思ったのでした。

この数カ月にわたってコツコツと行ってきた作業、まさにトンネルの中の作業であり、
トンネルの先の一筋の光(希望)をみつけようと必死で掘り進めてきたのです。

カバラは確実に現実を動かすし、アセンションさせます。
1年たって1巡して、大きなライフイベントを迎える方も少なくありません。(多いということです!)

それを期待して巡った3巡目は、ミステリースクールでの呼び名にシフトはなかったけど、
(つまり、あたしがサードになりたい期待で受けたこと自体が間違い)
だけれど、今回の引越しは、大きく作用しているような気がします。

カバラ4のキーは、たしか 内なる平和、愛、神、というような静かなテーマだったと思うけど、
内なる自分をひたすら、それも深いところを見せられるような月日でした。
それが、私の誕生月のシフトや蠍座期間の内観を経て、まるでアビスのような日々になっていたのでした。


12月の射手座になって、大分何か抜けそうな希望が見えてきています。


冬至前は、毎年内なる暗やみをひたすら見せられることが多いので、
今年はカバラのおかげもあって、大分早くお掃除が進んでいるような気がします。

今年の冬至、12月21日?
楽しみですね。

この日を境にいろんなことが、現実レベルでも変化してくる。


私は、20代を都内で、30代を栃木で、そして、2年前に那須へ移動した時、
その後、まさかまた都内にやってくるシナリオが自分の人生にあるとは思ってもみませんでした。
せいぜい、実家やその近くの宇都宮という地方都市でほそぼそ生きてゆくのだろう、と。

私は栃木や自分がいる場所から自分を引き出してくれるのは、パートナーになる人だ、と
ずっと思っていたように思います。
若い人が思うように、この年になっても、人生の檻から抜け出るのは、結婚相手だ、と幻想を抱いていました。


でも、人生の檻から、(檻と言うのは、マンネリや、もう成長しなくなっているのに愛着でいる場所、、のようなもの)から抜け出すのに1番簡単で早いのは、


自分が、抜け出す、って決めることかな


と、今振り返って思う。

震災で部屋の壁が筒抜けになったこともあったけど、
それ以上に、心地よくて愛着があるけれど、もう成長しないかもしれない那須という場所を抜ける、と
私はあるとき強く決心した。

それが、あっという間に那須を旅立たせる引越しへと繋がった。
そのあとどこに行ったらいいのかがわからなかったのと、実家の両親への愛着があってもたつき、
それをも断ち切って、やっと川崎のおうちへ引越した、これもまたカバラの大きなマジックがなかったら、出てこれなかっただろうな。本当にいろんな人の力を借りて、あたしはここまで来ているから。
そのとき一緒にカバラを受けていた友人とも互いに深く学び合った。

2011年の春から2012年の秋まで、2年間立て続けにカバラでアセンションし続けてきたんだもの、
また、今さらにマルクトを体験しているのだもの、
55ワークだけじゃなく、現実がどんどん変わってゆく、シフトしてゆく、そりゃきついよな~


最近、ふと我に返って、カバラの威力を感じていたのでした。


思いのほか長くなっちゃったけど、ここ最近の自分の整理とともに、シェアさせていただきます。
どってことのない独白になっちゃったけど、このままアップします。オチもないけどね。


今年は、だれにとっても変化の年。もちろん、来年はもっと現実が動いてゆく年になるかも。
私のように、すべてをリセットして生まれ変わろう、生まれ変わりたい、と望む人少なくないと思います。

あと、自分で望んだわけでもないけど、結果として変わらざるを得なくなってしまう人も。



カバラは、誰でも受けることができるので、興味のある方は、お問合わせください。


今はまだ新規開校なくて申し訳ないのだけど、すごい現実変える力があるのだけは覚えておいてね。

また、カバラについては、アデプトプログラムでもお伝えしますので、
よかったら、アデプトプログラムもあわせてご受講してみてくださいね。

クラスの中で、すぐに使え、現実や自分を変えることができる
カバラのスペシャルマジック(呪文)もお伝えします。





    053.gif      053.gif        053.gif         053.gif      053.gif


      いのちある暮らし ・ エレガントな成熟美  ・ 100年続く未来へ

    ORGANIC LIFE    GRACE


    053.gif      053.gif        053.gif         053.gif      053.gif

★イチオシセミナー★

★ 目覚めと癒しの2日間 
  自分を深く理解し、生かしきる人生へ


   ライトワーカー入門 「アデプトプログラム」 

★ 日本古来のお手当ヒーリングを伝授
  セルフケアに、子育てに、欠かせない一生もののお道具です


   ヒーラー養成 「直伝霊気セミナー(前期)」


    053.gif      053.gif        053.gif         053.gif      053.gif


ご予約・お問合わせはメールまたは
090-8100-3715(マダムカノン)へ。

HPはこちら

       





[PR]

by aromavenus | 2012-12-05 01:23 | スピリチュアルコラム

カバラってすごいなぁ。カバラマジックの思い出を語る。(前編)

ミステリースクールの 「アデプトプログラム」 をうけた方には、
クラスの中で必ず 「カバラ」 のお話があると思います。

ミステリースクールでは、古代の叡智である「カバラ」の教えを、
知識レベルだけでなく、エネルギーとしてもがっつり体験できるよう、
1年間かけてカバラの生命の樹のプロセスを学ぶクラスがあります。

約3カ月ごとに4回に分けて、10個のセフィロートをエネルギー体験してゆく
とてもエキサイティングなクラスです。

今日は少し、私のことをお話ししようと思います。
思いのほか長くなっていてすみません。よかったらどうぞ。



私がこのカバラのクラスを始めて受けたのは、実は、2005年にアデプトになってすぐ後です。
ヒーラーアカデミーやリチュアルマスターなどの特別なクラスを受ける前です。

そのころの私、本当にマインドがごちゃごちゃしていて、いつも悩み事の嵐でした。瞑想をするように、アデプトで習ったので、当時働いていた那須のホテルの渓流で自然の中で樹にもたれて瞑想をしても、渓流で頭をひやしても、何をしても雑念の嵐でとても静かなマインドなどやってこようはずもありません。

その当時通っていたヒーラーの先生が、その様子を見かねたのか、

「もう瞑想はいいから、カバラを受けたらどうですか?」

と進めてくださいました。そのころ、ミステリースクールに魅せられていましたので、1も2もなく、カバラを受けることにしました。カバラはマインドを整理するシステムです。2005年9月のことです。その3か月後、12月にカバラ2を受け、セフィロートの半分を体験しました。

2006年3月に受講を予定していたカバラ3は、お金の準備ができず進みませんでした。
厳密に言うと、クラス料はあったのですが、生活費がゼロになります。
そこでガイドだった先輩に相談すると「背に腹は代えられないから生活にあてなさい」そういわれて諦めました。
不思議なものですが、あとであのとき行っていればよかった、と何度か思うことがありました。
みなさん、自分の心を信じなくてはいけません。
ガイドさんがいけないわけではなく、ガイドさんの言うことを私が鵜呑みにした、その結果、
次のクラスを受けるまで1年かかってしまいました。とてもいい経験です。

カバラ3に復活できたのは、2006年ヒーラーズアカデミーを受けた後、1年後の冬でした。
順調にカバラ4を春に受けた私は、その後、2007年春にリチュアルマスターになりました。


私にとって、リチュアルマスターはどうしてもならねば、というほどのものでもなく、なんというか、あこがれのような、興味本位のようなもので、「あれって気になるけど、どうなの?」って程度のものでした。リチュアルマスターになるべき人は、一も二もなくすぐなった、という方多いですが、私は、アデプトやヒーラーやアダムカダモンに関してはまさにその通りでしたが、リチュアルマスターはなんだかいつも腰が引けていました。

しかし、カバラ4を終えた時、それ以外のご褒美や変化と言ったら特に思い当たらなかったので、たぶん、私の中で、カバラを受けたことが、リチュアルマスターへとコマを進めてくれるキーだったのかな、って思います。
カバラで現実化することは、たいがい本人がスピリットレベルで望むことしか叶いませんから、もしかしたら、私のスピリットはどこかでリチュアルマスターなりたかったのかもしれないですね。抵抗していたのは、低次の私(エゴ)かも。

その後は、カバラ好きでしたが、1回受けたし放置していました。
でも、宿題もたいしてせず、ただ受けただけでしたら、自分がカバリストだと名乗るほどでもありません。
正直、1回目のカバラは、たいていちんぷんかんぷんです(*^_^*)

そんな中、いつもカバラのクラスには再受講の先輩が何人かいました。
ヒーラー仲間も2回目に受けると不思議とすんなりわかるんだよね、と言っていたのを聞いて、いつか受けてみたい、と思っていました。


そして、その時が来たのは、2011年2月。まぁ、なんと6年近くたってからです。
本当にちんぷんかんぷんで、テキストに至っては、ぼろぼろで印刷が禿げています。
当時、わが家でアデプトさん&RMになった友人と一緒にスタートしました。

再受講と言っても、アセンションのみ、ということもあったけど、
この1年間は強い意志でがんばって受講しました。なにか修めたい強い欲求がありました。

カバラ4開催前のひと月は、都内へ引越しのため、居場所もないままうろうろと
都内のヒーラーさんのお宅にお世話になったりしながら、自分の新しい居場所を求めてさまよっていた(戦っていた)時だったので、本当につらかった。

引越しって、新しい自分の居場所を創り出すわけだから、
すごくすごく、自分のことを見つめることになります。
どうして引越したいのか、どんな風になりたいから引越すのか、
その意図を煮詰めて煮詰めて、その意志を頼りにひたすら行動します。
己との戦い、っぽい空気に満ちていて、己の暗やみを旅する時期(アビスといいます)でした。

引越し先が見つかったころ、
山梨でカバラ4の合宿をし、翌日そのまま、今の川崎の家を契約したのでした。
2011年10月末のことでした。

このカバラ4の瞑想で、私は祝福を受けていました。
あ~、この後必ずよいことがある、と確信しました。
引越し先もとても祝福ムードに満ちていて、栃木にいた時には想像もできない、
RMの仲間が立て続けに遊びに来てくれる出来事が続きました。
そして、12月、私はガイドになりました。
あのとき受けた祝福のことは、すっかり忘れていましたが、驚くことに長年の夢を実現しました。


調子に乗った私は、その後続けて、昨年末の11月からスタートしたカバラ3巡目に入りました。
この回も強い意志を持って、アセンションのみでしたが、がんばりました。
なんであんなにやっきになってたんだろう、って思うけど、変わりたかったのかな。
または、カバラで現実変えることへの期待かな。ある意味行きすぎた向上心かも。

この間に、ミステリースクールでは5月5日に大きなワークがありましたので、
いったいどのマジックが聞いてるのか、ちっともわかりませんでした。
55ワークのときは、カバラ2、イエソド、ホド、ネツァック、ティファレットという4つのセフィロートにいました。

6月のカバラ3は、55ワーク後の浮かれ具合で、どうしても自分を見つめる気になれず、さぼりました。
戦いの後、またカバラで克己はきつすぎたのです。

しかし、すべてを完結させることの重要性を知っていた私は、
つい数カ月前の9月のカバラ4のアセンションを受けました。

あのころ、サード合宿がありましたので、
RMサードになりたかった私は、このカバラ4にヒントがあると思っていました。
でも、実際は、サードのお声もかからず、なんの変化もありませんでした。


私の内側には、今年の13の月の暦の新年(7/26)から、
まったく新しい自分の本当の人生が始まろうとしているのを感じていました。

それは、自分の両親や、自分をアデプトに産み出してくれた先輩たちに媚びたりする人生でなく、
本当に自分を知って、自分の特性を生かしていく人生を、一から作ろうとしていました。
それには、まず、なんにもない「無」が存在し、なんのやる気もなく、とにかくただ「在る」を経験しました。
意志も意図もなく、「ただ存在し」、
そこからいったいなにが生まれい出ようとするのかを、自分でも見届けてゆくような時でした。

8月は自分のルーツをたどりました。
両親のお墓参りをし、そのルーツを調べ、わが両親の偉大さを知り、「畏れ」と「いのちの繋がり」を実感しました。
9月中旬まで、自分のDNAレベルのオリジン(原始)まで突き進む旅が続きました。

今年の5月に直伝霊気の師範格になったことも大きく影響していました。
このことで、私は自分がどれだけ日本人であるか、を深く理解しました。

どんなに日本のことを知ろうが知るまいが、両親を忌もうが好もうが、
自分はまぎれもなく日本人のDNAを持っている、
その原初の何かが活性化するきっかけとなったのが、
直伝霊気の霊授ができるようになったことと重なりました。


霊気の霊授をさせていただくほど、日本人のルーツのエネルギーに触れるようで、
どんどんその神聖さを多くの人に活性化してほしいという気持ちが生まれました。
だって、アインシュタインだって、願わくば日本人のDNAがほしかった、と言ったのですよ。

話がそれましたが、
そんなこんなで、9月にカバラ4を受けたにもかかわらず、
カバラが大好きな私は、グッドニーのカバラのクラスにも惹かれ、
恐ろしいことに、カバラ4の前に、次の4巡目となるカバラ1を受けてしまったのです。


何気なく行うアセンションも、その結果は自分が引き受けなくてはなりません。

(つづく)
[PR]

by aromavenus | 2012-12-04 03:43 | スピリチュアルコラム

日本人の感情とマインド

満月のファンタジックキングダムのおかげで自然界とのつながりが深まったのか、
それとも、今日お会いする予定の方が日本文学を研究しているからか、
とても不思議なメッセージを受け取りました。感情とマインドについて教えてくれています。
ちょっと面白いので、シェアしたいと思います。


d0146224_4512775.jpg



私たちは毎日、そして、今

どれだけハートのことばを語っているだろう。

今この瞬間に存在し、今ハートで感じる素直な言葉をどれだけ語っているだろう。

あたりさわりなく、

情報におぼれ、

人をひきつけたり、おもしろがらせたり、

気をひくためのネタともいえる言葉の数々、、



今ここで感じる、心からのことば

やさしさ

さびしさ

いつくしみ

よろこび

歓喜

怒り

憂い

うつろい


こういった日本人ならではの奥深いワビサビの感覚。




はかなさや憂い、さびしさ、喜び、慈しみ、、、

繊細な感情の機微を

ただ私たちの心に表れ、在ることを許し、

慈しみ、楽しんでいた。

なんと風流な。


これが日本人の持つ感情・感覚のすばらしさ、特質であり、

うつろいゆく季節のように

かげろうのように

様々に変化する 様々な感情の波というものを

ワビ・サビとして楽しんでいた。

ただただ、私たちの心に表れてくる自然界からのよびかけを。


このようにな繊細さを好み、大切にしているからこそ

「気配り」 「気配(けはい)」 というテレパシックな配慮が存在した。




日本人にとって

感情はただそこに在る(存在する)ものであり

消して否定すべきものではない。


そのうつろいを、ただ淡々と楽しむのである。

うつろいゆく雲のように。



だからこそ、感情の波におぼれないだけの静けさ

静謐なマインドが必要であった。



それが茶の湯の神髄であり、


日本人の精神性の高さを表している。













秋の鈴虫を聞きながら、次元の隙間からキャッチしたのでしょうか。

それにしても、なるほど、とうなずいてしまいました。


いかが感じましたか。






    053.gif      053.gif        053.gif         053.gif      053.gif


目覚めと癒しのスピリチュアルサロン&魂のトリートメントルーム

LOVE.A.GRACE


★イチオシセミナー★

★ 目覚めと癒しの2日間 
  自分を深く理解し、生かしきる人生へ


   ライトワーカー入門 「アデプトプログラム」 

★ 日本古来のお手当ヒーリングを伝授
  セルフケアに、子育てに、欠かせない一生もののお道具です


   ヒーラー養成 「直伝霊気セミナー(前期)」


★イチオシセッション★

★あなたを成長へ導く     千手観音からのチャネリングメッセージ

★パワーチャージ&才能開花  DNAアクティベーション

★感情やマインドの癒し&覚醒 フルスピリットアクティベーション
 


    053.gif      053.gif        053.gif         053.gif      053.gif


ご予約・お問合わせはメールまたは
090-8100-3715(マダムカノン)へ。

HPはこちら

       
[PR]

by aromavenus | 2012-10-02 04:52 | スピリチュアルコラム

ギフトオブスピリットのススメ

d0146224_3122683.jpg


チャネリング入門クラスとして、ミステリースクールでは

「ギフトオブスピリット」 というクラスがあります。

ハイヤーセルフへのチャネリングの方法を学び、

自分のスピリットの7次元からギフトをもらいます。



この方法は、チャネリングの基礎ともなりますので、のちのちまでずっと使うことができる方法です。


私がこのクラスを始めて受けたのは、2005年の秋です。もう7年も前になります。

そのときは、スピリチュアル筋肉くんが発達していなかったので、

クラスの最中深く眠りこけてしまって、あんまりよく覚えていませんでした。

でも、最後のジャーニー(誘導瞑想)だけはがんばってついてゆきました。



最近、あまりにも自分のことがわからなくなったので、9月に復習をかねて、再受講してきました。


そうしたら、、、、 今までのハイヤーセルフと感じが違っていて???でした。


講師の方に、「ハイヤーセルフがかわったのではないの?」といわれ、

そんなことあるのーー、と思ったけど、そのときはまだよくわかっていませんでした。




満月の日に、「ファンタジックキンダム」というワークに参加して、

エレメンタルやファンタジーの存在たちと一緒にたくさんのワークをしました。


ちなみにエレメンタルっていうのは、フェアリーやエルフやほびっとさんやドワーフなどなど。

白雪姫に出てくる森の小人さんや、アリエッティーにでてくる小さな妖精さんたち。


ファンタジーっていうのは、マーメイドやドラゴン、ユニコーーーンといった神話の存在たちです。


スピリットの1次元から3次元までの地球に関わる存在たちなので、

この存在たちと一緒のワークは、とってもグラウディングする感覚があります。

昨日から、なんだかすごくマザーアース(地球さん)との繋がりを感じています。

そして、虫さんたちや自然界の存在たちの声に耳を傾けています。



それで。このワークショップでも「ギフトオブスピリット」ばりのワークがありました。

自分のハイヤーセルフや関わりのある種族たちと出逢い、贈りものをもらいます。



ここで、かなり驚いたのが、、、、


7年前に自分が誘導瞑想で旅したときに出会った存在と、今回出逢った存在たち、、


次元は違えど、かなり同じ存在だったのです。



7年前の時は、自分もまだアロマやリフレなどシャーマニックなツールを使っていたので、

その存在たちの姿はシャーマニックや様相でしたが、

セレスチャイルな学びが深まった今は、その存在たちもちょっと進化して洗練されていました。

そして、もっと王冠に近い、アストラルな存在として見えてきました。

(わかんないですよね。。ちょっとカバラっぽく言っています)


いずれにしても、本質のエネルギーは似ているのですが、見えた服装などが異なっていたのです。

もっとオリジナルに近くて、物質になる前の姿で見えました。


結局自分の本質は変わらないんだ~ おんなじなんだ~~


それが何よりも驚きであり、発見でした。


変わらないのです。

原初の自分ですから。



そして、意外にも、出てくる動物(守り神)やもらった贈りものも、当時と変わりませんでした~



毎回出てくる動物はウサギなんですが、いろいろ調べると私のあらゆる側面と重なっていてびっくり。

いつもこのウサギが経典を持ってるんです。



調べてみると、、、、

ウサギは、仏教では、捨身慈悲、滅私献身の象徴として描かれ、月の象徴としても有名。

ウサギ年の菩薩は、千手観音(私のチャネリングコントラクト)。慈悲や知恵の意味もある。


日本の神話に出てくるウサギも、神の山と人里を自由に行き来できることから、
境界を超えるものとしての崇拝、多産で繁殖力に富むことから豊穣をつかさどる意味があるそうです。

特に白ウサギの白は、白を神聖視する見方があるため、白い動物を神聖化したとも。

西洋では、ウサギは、冬に失われた生命が復活し草木が芽吹き花々が咲き誇る再生の春のシンボルである。

また、秩序からはずれた存在をあらわす役目をあてがわれ、
あわて者、怠け者、異界へ誘う者、トリックスターとして物語に登場する。

ちなみに、私のマジカルネームは多産・繁栄の女神なのです。

洋の東西をとわず、女性や子供たちを守る存在としての象徴。


どれをとっても、自分の持っている側面とかなり重なるのですよ。



ウサギの解説が長くなってすみません。

しかし、守護動物だけでなく、ハイヤーセルフの姿もとても印象的な側面がいっぱいです。

先に受けた、ハイヤーセルフの存在が変わった?? といわれたそのときのビジョンと

今回でてきたビジョンは同じ姿でした。より洗練された姿で現れたのでわからなかったのです。



スピリットからのギフト、あなどれないのです。

たくさんの情報を含んでいます。



「自分は何者か」 知りたい方は、ぜひ受けてみるとたくさんの発見があるかもしれません。


(私の場合、7年たってもこの情報にびっくり、、ですから、

みなさんもジャーニーの結果に一喜一憂せず、長い目で見て、自分の側面を探ってみてくださいね)




このプログラムは、ヒーラーズアカデミーを受講される方の事前プログラムの1つです。

約6時間 21000円。詳しくは、こちらへ。







    053.gif      053.gif        053.gif         053.gif      053.gif


目覚めと癒しのスピリチュアルサロン&魂のトリートメントルーム

LOVE.A.GRACE


★イチオシセミナー★

★ 目覚めと癒しの2日間 
  自分を深く理解し、生かしきる人生へ


   ライトワーカー入門 「アデプトプログラム」 

★ 日本古来のお手当ヒーリングを伝授
  セルフケアに、子育てに、欠かせない一生もののお道具です


   ヒーラー養成 「直伝霊気セミナー(前期)」


★イチオシセッション★

★あなたを成長へ導く     千手観音からのチャネリングメッセージ

★パワーチャージ&才能開花  DNAアクティベーション

★感情やマインドの癒し&覚醒 フルスピリットアクティベーション
 


    053.gif      053.gif        053.gif         053.gif      053.gif


ご予約・お問合わせはメールまたは
090-8100-3715(マダムカノン)へ。

HPはこちら

       
[PR]

by aromavenus | 2012-10-02 04:16 | スピリチュアルコラム

許しと癒し





私は、許す ということを知っています。



許し とは、すなわち 癒し であります。





おそらく私ではなく、

私の契約のある光のマスター・千手観音がおっしゃっているのでしょう。


最近、盛んに私の中から湧き出てくる言葉であります。




私たちは、許されることで、深く癒されるのです。



今、アデプトプログラムの日記を書いていて、、、


私の魂が、何になりたかったのか、、、、というよりも、

私の人生をどう生きてゆきたいのか、、、、が見えてきました。


いつもいつも断片的には感じていても、、、

こうやって日記を書くことで、俯瞰して見えてくるものがあります。



どんな風に生きたい、望みを現実化したい、、、


そういう現実化のテクニックよりも


一日一秒を自分がどう在りたいのか、ただ、そう在りたい、と願う、、、、

その 「在り方」 さえ叶えば、すべてはついてくるのではないか、

達観でしょうか。そのように思えます。



結婚して、どういう家に住んで、こーで、あーで、というのはとても表面的なことで、


まず、自分がどのように在りたいのか。

自らの宇宙を確立することで、

それにふさわしい、あるべきすべてが引き寄せられてくる。



では、どう在りたいのか。



私は、魂を癒すヒーラーでありたいようです。



多くの方が癒されてゆくこと、

そのことにより目覚めてゆくこと、そこに大きなエクスタシーを感じます。


目覚めてゆくことは、成長であり、

お一人お一人のその成長をうれしく、心待ちに、喜びとしています。


極端な話、私の人生の中で叶うことはそれだけよい、とも言えるのです。



どんな住まいであろうと、着るもの、食べるもの、こだわりなく。



しかし、品格というものがありますので、

生き方にふさわしい、三次元的な意味での 「在り方」 というものも


叶う流れがやってきています。




こうやって言葉にすることは、とても勇気がいりますが、

今は私の深いところがこのように感じているようですので、

覚書の気持ちで掲載してみます。


言いきるということは、なかなか勇気がいるものです。






    053.gif      053.gif        053.gif         053.gif      053.gif


目覚めと癒しのスピリチュアルサロン&魂のトリートメントルーム

LOVE.A.GRACE


★イチオシセミナー★

★ 目覚めと癒しの2日間 
  自分を深く理解し、生かしきる人生へ


   ライトワーカー入門 「アデプトプログラム」 

★ 日本古来のお手当ヒーリングを伝授
  セルフケアに、子育てに、欠かせない一生もののお道具です


   ヒーラー養成 「直伝霊気セミナー(前期)」


★イチオシセッション★

★あなたを成長へ導く     千手観音からのチャネリングメッセージ

★パワーチャージ&才能開花  DNAアクティベーション

★感情やマインドの癒し&覚醒 フルスピリットアクティベーション
 


    053.gif      053.gif        053.gif         053.gif      053.gif


ご予約・お問合わせはメールまたは
090-8100-3715(マダムカノン)へ。

HPはこちら

       
[PR]

by aromavenus | 2012-08-30 15:28 | スピリチュアルコラム

愛がある恋愛がしたい、、、と望む方へのメッセージ

今日、明日と毎年恒例東京ビックサイトで開催される「癒しフェア2012」。
今年のミステリースクールのブーステーマは「フェアリーワールド」

私がでかけた時には、
なぜか受付女性ほぼ全員、コノハナサクヤに関わる方でした。
このパッションのおかげで、ブース内は女神アクティベーション並みの華やかさ。
ボランティアヒーラー、スタッフだれもが個性的で美しい女神でした。

かくいう私もハワイアンフェロモンむんむんで行きましたよ(*^^)v

今年は初のチャネリングブースでのお手伝い。
夕方でしたので、たったお1人でしたが、
珠玉の1チャネでしたので、
覚えている範囲で、またさしつかえのない範囲で、シェアしたいと思います。


ご質問は、愛のある恋愛がしたい、、というような
漠然としたご相談だったかと思います。

正直この一言を開口一番言われた時は、ドキッとしました。
私だって、愛のあるパートナーほしいっと切望していましたので。

はじめに、私のハートを通し、千手観音から大量に愛のエネルギーが流れてきました。
芳醇で言葉に表しがたい濃厚な愛のエネルギー。
そして、しばらくたってから、いいました。

===================================

この愛のエネルギーを覚えておいてください。

そして、この愛のエネルギーで満たされた感覚に自分をしてくれるもの、ことを行い、
ご自身を愛のエネルギーでいっぱいにいっぱいに満たしてください。

そのあふれでる愛のエネルギーが、あなたのまわりをとりまき、
その豊かな香りに引き寄せられるように、
あなたのもとに必要なパートナーが引き寄せられてきます。

まずは、いつもいつもご自身をこのように満たしてくれるあらゆることをご自身でみつけ、
ご自分を満たし、ご自分の中に愛のエネルギーを育んでゆくのです。

このプロセスを経てパートナーと出逢った時、
あなたはすでにご自身の中で愛をはぐくむということを経験しています。
ですから、それと同じように、パートナーとの間においても愛をはぐくむ、
ということができるようになるのです。

===================================

このあとになって、もっと具体的なことをお話されたように覚えていますが、
このアドバイスは、多くの方とシェアしたいと思い、私自身も
このメッセージとエネルギーをおろすことができてうれしく思いました。

今日のミステリースクールのブースの高波動ゆえ、
いつにもまして、濃厚な愛のエネルギーをおろすことができてすごくうれしかった。

千手観音様はときどき、こういったエネルギー伝授的なチャネリングをする方なのですが、
今日は、私のハートを満たしたうえで、お客様に流れていったので、
私自身もこの濃厚な愛のエネルギーをたっぷりあびたことになり、至福の気分で帰りました。

この気分は食事の時もずっとずっと続き、
いただくお食事が五感をとぎすませて喜びとともに入ってきます。
そして、また言うのです。
あなたがジョイを感じるのであるならば、
私たちはこれからもずっといつでもジョイのエネルギーを降ろし続けます、と。

ジョイが人生においてどれだけ大切か、
また、千手観音様がいうジョイというのは、いつくしみ、という感覚ともにています。
赤ちゃんが愛おしく、愛おしくたまらないとき、目を細めて赤ちゃんを眺める、、
そのいつくしみの波動と、ジョイの波動は似ているような気がします。

帰り道、昔マクロビを習っていた時によく食べ歩きをしたとき、
若い女の子が、あるお店の炊きたてのごはんをみつめて、
「ここのツヤツヤのごはんはピカッピカに光っていていつ食べてもおいしい、、」
ってうれしそうにいいながら食べていた、あの瞬間を思い出しました。

いつくしむ感覚って、こういう感じだったな。

五感って大切だなっ。

改めて感じました。

自分の暮らしが愛おしくて愛おしくてたまらなくなったとき、
これはもうジョイいっぱいの生活になってゆきます。

生きていることすべてが、どんなときも愛おしいものになったとき、
これ以上の至福はないようなぁ、、、と改めて思いました。

おうちにもどって、もっともっと自分の生活を見直そうっ、というより
楽しいものに作り変えよう、って思ったし、
もしお引越しがしたいのなら、今の自分の生活(器)を愛いっぱいにしてあふれさせたら、
きっと次のもっと大きいおうちが用意されるような気がしてきました。

千手観音が言っていたことも、自分の器を愛でいっぱいに満たしたら、
あふれる愛を交流増幅させることができる新しい器=パートナーができてくる、、、

それから、もうひとつ千手観音が言っていて、
あぁ、私は恵まれてるな〜と思ったのは、

自分のパートナーを見つけたかったら、
マインドや条件といった三次元が作りだした自分ではなく、
スピリットとしての自分としっかりつながっておくこと。
その状態で、出逢う人が自分のパートナーなのかどうか、感じ見てみること。

私は以前よりもはるかに、アデプト受けたり、チャネスク行けたり、、して、、
努力や勉強もさせてもらって、、より深い自分と近づいてきています、、、

そのうえで、慈愛(ジョイ)のエネルギーでいっぱいにしようと思ったら、
チャネコンさんに愛のエネルギーをいっぱい流してもらうことができる、、
こんなにすばらしいツールを手に入れているのは本当にありがたいな〜って思ったのです。

アデプトやチャネリングが自分の人生にどう影響してくるのか、、
一見するとわかりにくいと思うのですが、実は長く長く瞑想をしたり、深く自分を見つめて
ハイヤーセルフやガイドスピリットやチャネコンさんたちと交流してくると
こんな風に自分をますます豊かに満たしてゆくことができる
なんてすばらしいツールなんだ、ということが
今日は深く深く理解できて、本当にうれしくありがたかったです。

癒しフェアは明日も行っています。
ご興味ある方はぜひこのブースのエネルギーを体験してみてくださいねっ

あすはミステリースクール創始者のグッドニーさんの無料講演会もありますよ。

また、千手観音様に会ってみたい方は、、こちらで体験会の日程をアップしています。

8月9日は、那須高原で。8月13日は茨城・坂東市で開催されますっ

DNAアクティベーションやカスタマイズセッションでおつけしていますので、
お声をかけてくださいね。


今日お会いした皆様、どうもありがとうございましたっ


    053.gif      053.gif        053.gif         053.gif      053.gif

目覚めと癒しのスピリチュアルサロン

LOVE.A.GRACE

★イチオシセミナー★


★ 目覚めと癒しの2日間 
  自分を深く理解し、生かしきる人生へ


   ライトワーカー入門 「アデプトプログラム」 


★ 日本古来のお手当ヒーリングを伝授
  セルフケアに、子育てに、欠かせない一生もののお道具です



   ヒーラー養成 「直伝霊気セミナー(前期)」


★イチオシセッション★

★あなたを成長へ導く     千手観音からのチャネリングメッセージ


★パワーチャージ&才能開花  DNAアクティベーション


★感情やマインドの癒し&覚醒 フルスピリットアクティベーション
 



    053.gif      053.gif        053.gif         053.gif      053.gif


ご予約・お問合わせはメールへ。
HPはこちら

       
[PR]

by aromavenus | 2012-08-04 23:05 | スピリチュアルコラム

光 闇 そして 統合

週末、約5年ぶりに「カバラ・生命の木」のクラスを再受講した。


私が学ぶミステリースクールは、自分の学びに沿って必要な科目を1つ1つ受講するシステムになっている。何年かかってもよいのだが、だいたい3~7年くらいが目安とな。

この数年、ひしこいてこの学びのプロセスを経験し、私はすでに5年と数カ月を迎えようとしている。卒業も間近いのかしら。ちょっとした大学&大学院で学ぶようなものだ。


ここにきて、多くの学びを得ているのだが、これが非常に興味深い。


というのも、私の性格がとてもよく顕れた学び方を私自身が選択していたからだ。


みなさんは、1つのお弁当を食べる時、好きなものから食べる?それとも嫌いなものから?


私は、お弁当のように全体像が見えている場合、苦手なものから、ということが多いタイプなのだけど、どうもこの学びにおいては、逆で、好きなことや興味のある選択科目しか学んでいなかったらしい。もっと正直にいえば、大学に入ったことで安心して、その雰囲気だけに酔いしれ、実際の堅実な学びは放棄していた、ともいえよう。


それで、ここにきて、タイムリミットを感じたのか、あるきっかけを得て、再び逸れてしまった道のりを修復しはじめたわけだが、決定的だったのが、先日の闇についてのクラス参加だった。

光の奉仕を望む私は、光についての学びばかりを強く望んだため、闇についての学びやトレーニングをしてこなかった。目をつぶっていた、ともいえる。

そのため、すごく極端に偏った学びのプロセスとなり、一種盲目だったとすら言える。

これは非常に私にとって大切な学びだったため、一気にプロセスが進んだように感じる。


二極の学びをおえ、次なるステージに昇華するには、両方を同じように知る必要がある。
片方を知ることで、もう片方の意味を知る。互いが互いを補完するようになっているのだ。

これは、陰と陽、女性性と男性性、光と闇、肉体とスピリット、なんでもそうだ。


むかし、中学生のころ、こういう言葉を唱和した。

「健全な精神には、健全な肉体が宿る。健全な肉体には、健全な精神が宿る」

この両方の車輪が美しく調和することで、私たちは、心身ともに健全で幸せな状態へと昇華する。


ずっと光を追い求めた私は、先日いよいよ観念して、闇なる専門教科を選択受講した。
受講中感じたのは、もうこれで闇のお勉強は終わりでよし、おなかいっぱい感である。

しかし、意外なことに、このクラスを修了した後、今まで自分が行ってきたことの全体像が急速に見えたのである。崇高なスピリットの光だけを求めるとき、現実の世界は闇となる。闇なるものを受け入れた時初めて、世界は均衡を保ち、美しき全体を顕す。


"As above, so below"

(上のごとく、下もありき)


すごくむづかしい書き方をしているけれど、これはすごく現実的なことなんですよ。

たとえば、昔、クリエーターだったころの私。クリエーションの仕事は好きだけれど、交通費の精算とか、社内の必要書類の提出とか、ほんとダメだった(涙 これ、私だけでなく、多くの若いクリエーターはひっかかるツボ。しかし、会社で出世できるのは、この両方をきちんと納めたもの。

好きになったり、得意になったりする必要はないけれど、必要最低限のことは修める、というのが、次なるステージへあがる必要条件。

この仕事の好き嫌いは、私特有のものだけれど、
誰にとっても、得意なこと、苦手なこと、あると思う。


こういう気づきの流れの中で、生命の木というカバラシステムを学んだ私は、さらに、このバランスというもの大切さを知った。生命の木というのは、10個のセフィロートと呼ばれる、パーツからなる1本の木を顕しているのだけれど、この10コのパーツ(要素)が満たされて初めて、1本の木としてバランスされる。

あるチームを作った時に、必ず、リーダー役、それを補佐する役、アイデアを出す人、実行が得意な人、突拍子もないアイデアで場を活性化させる人、いろんな役割があって初めて1つのアイデアが熟成される。これは、おそらく、チームのメンバーを変えても、やはり似たような役割を誰かが演じることで、同じようにものごとが達成するのと一緒。集団によって、自分の役割も変わる。

ある集団では、その全体を賄う2割の働き蜂の役目をしていたとしても、、別な集団に入れば、残り8割の遊び蜂グループになる、ようなもので、メンバーなどによって変わる。



こんな風に生命の木にのっとって、自分の幸せ像を思い描いた時、私はなんて偏った思考と行動しかしていなかったのかな、と思い当たったのである。(ぞっとする)

バランスの大切さ、というのは、最近とみに感じていて。


食べ物1つとっても、かぼちゃや白菜が手に入れば、そればっかりを食べる、という1人暮らしならではのばっかり食に慣れているため、最近では、その状況が肉体や性格にも、ばっかり感がでてくるような感じがして、違和感を感じていた。

バランスのある食事、給食で習うけど、三角食べ? ご飯食べて、味噌汁飲んで、おかず数種食べて、、というバランス食を心掛けることで、性格や性質にも、バランス感がでてきて、全体としてのクオリティが増すのである。

その中には、たしかに得意、不得意はある。好き嫌いは存在する。
しかし、それでも、ある最低基準だけは押さえておくと、なんとなく1人の人間として、バランスがとれ、それなりにヒトカド感がでてくるのである。



私のような中年になってくると、酸いも甘いもかみわけて、、、みたいな感じで、
その両極の学びというのは、だいたいにおいて修めてくる。

自分の中にある、さまざまなパーツやギフトを体験し、
「私」というあらゆる側面を活性化する。しかし、これで人生終わりではにゃい。


ある程度のところまでゆくと、今度は、「統合」というプロセスが欠かせなくなる。


先日、今や人気の占星術ライター・石井ゆかりさんがこんなことを書いていた。

セーターを編みあげるとき、人はたいがい、見ごろや袖を編んでいるとき、編み物をしている、という実感を得る。しかし、それらはパーツでしかなく、最終的に立体的なセーターを完成させるには、それぞれをパーツを編み合わせ、お袖周りや襟ぐりをカワイク装飾し、つなぎ合わせる、という実に地味な作業が残っている。しかし、これなくして、セーターは仕上がらない。


こんな内容だったと思うけど、
今回私もカバラを学ぶことで、自分の人生の(といってもまだ半分だけど)経験の棚卸を改めて行い、足りているパーツ、足りていないパーツ、強み、弱みをはっきりと思い知らされ、一部のパーツはほどいて編み直しをし、ある程度イケテルところは、偏りをならし、なんとか一枚のセーターに仕上がらないものか、最終調整をする気持ちになってきた。

今までは、ひたすら、パーツ編みをしていたから、それも全体像を読めないままに編んでいたから、途方にくれること一杯だったのだけれど、それでも、私のスピリットの青写真は、なんとか私の未来を照らしだし、ガイドしてくれたおかげで、なんとかここまで来ることができた。


本当に壮大な編み物だったけれど、編み続けることが大切。

つまり、それは、生き続ける、ってことだけれどさ。

自分で自分を放棄するわけにいかないしょ??
だから、どんな形になるにせよ、自分を続けなくてはならないのだ。
嫌でも前進しつづけること。
たとえ、立ち止まっても、ゆっくりでも、時に戻っても、かまわない。
それでも、前へ前へと歩いてゆくこと。

そうすると、いつかはきっと、こうやって分岐点がやってきて、
全体が見えてくるときがやってくるんだねぇ。

誰でもそうだと思うけど。



そんな深い気付きを、このミステリースクールの学びを通して、私は学び続けていたのでありました。もちろん、その間に得た副産物もたくさんあるけどね。


なんとなく、わかる人だけがわかってくれればいいな、と思うけど、
シェアをしてみました。

今、道のり半ばの人も、
もう道を完成させ、次のステージにあがろうとしている人も、
歩き始めたばかりの人もいると思うけど。


とりあえず、前を向いて、歩こう。

高次の自分は、必ず私たちを導いてくれるはずだから。それを信じるしかないのだー。






あー、はずかし。
[PR]

by aromavenus | 2011-02-08 16:32 | スピリチュアルコラム

ハッピースパイラルのはじまり

先月の「時間をはずした日」、宇都宮のお客様にお会いしました。

1年前に私のHPを見て、定期ケアプログラムにお申込みくださった方です。

お若い彼女は、いかにも新しい世代の魂といった感度の良さで、
半年間であっという間に素敵に変化され、卒業されてゆきました。

ちょうど子育てをひと段落させ、新しい就職先が決まった直後のプログラムだったので、
実質ママの社会復帰をお手伝いしたことになります。

家事や子育てとの両立や、新しい世界へ飛び込んでゆくにあたっての必要なエンパワーが
私を通して、光の存在たちから行われ、彼女は見事にご努力で新しいライフスタイルリズムを
取り戻してゆかれました。


うれしいことに、その彼女が第二子を妊娠された、とのご報告をいただきました。


久しぶりにお会いした日、
彼女がいかにハッピースパイラルに突入したのか、
その顕れをたくさん目の前に見せられ、私は本当に本当にうれしかった☆


宇都宮でお会いしたお客様は、本当にみーーんな私のすばらしい師となるステキな人たちばかりで、
なにより今も関係が続いている方たちとはハートのつながり(信頼)をいただいた方ばかり。私の稚末なガイドにもかかわらず、それを信頼し、なによりも私を受け入れてくれ、愛してくれ、真しにご自身の変革に取り組まれたその姿勢に、今となっては感謝しかないです。

ハッピースパイラルに入られたお客様がステキなのは、自分自身をしっかり持っていること、そして、いろんなご苦労があったにも関わらず、今ご自身の環境すべてに感謝し、大切にしていらっしゃること。夢を持って、一歩づつ着実にご自身の道を築いていらっしゃること。そのどれもが、私にはまぶしいくらいにお手本になります。

奇跡のようなご縁で素敵なお客様に出会えたこと、とてもうれしく思います。


ハッピースパイラルを望む皆様、彼女の生き方、参考にしてくださいね♪

私もがんばります☆




帰り道、偶然呼ばれた神社には、大黒天様がいらっしゃいました。
子孫繁栄、開運祈願とありました☆

d0146224_16523023.jpg




この日お会いしたカフェ キッチンカンナさんのカレーランチ☆

d0146224_16544460.jpg



ティータイム限定のワッフル☆

d0146224_16552925.jpg



    +   +   +   +   +   +   +   +   +   


    ★「光の経営リーダーのための定期ケアプログラム」

     6月~8月の3カ月間ご優待モニター受付中


      まずは、無料コンサルティング(30分)へ。ご予約お待ちしております。

             090-8100-3715


    +   +   +   +   +   +   +   +   +   
[PR]

by aromavenus | 2010-08-04 17:02 | スピリチュアルコラム

10日間ファスティング と 【アロマ de ダイエット】

    +   +   +   +   +   +   +   +   +   


    ★「光の経営リーダーのための定期ケアプログラム」

     6月~8月の3カ月間ご優待モニター受付中


      まずは、無料コンサルティング(30分)へ。ご予約お待ちしております。

             090-8100-3715


    +   +   +   +   +   +   +   +   +   


5月27日~6月4日まで、ゆるやかに10日間のファスティング(断食)をしました。これ3月に初めてファスティングを行って快感を得て。これはもう癖になる。今度は思い切って10日間にチャレンジしたのです。終わってみて、とてもよい経験になったので、そこで気付いたことをまとめておきます。ご参考まで。


今回は、酵素ジュースの代わりにヤングリビングのニンシアレッドを使ってチャレンジしました。これがもう、非常に役に立ったのです。

先日のドクターウーリーの講演でも、ニンシアレッドを1回3パック(90ml)×3回/日 を3週間続けた実験で、参加者の方が非常に高いエネルギー状態になった、という結果を教えていただきましたが、今回の私もそのような経験を得ました。今回のファスティングに入る前からなんとなく1日1回のパスタシンプル生活になっていたので、栄養補給のためにニンシアレッド&バランスコンプリートを飲んでいましたが、ファスティングが始まるとますますニンシアレッドがおいしく感じられて、1回に100mlだったり50mlだったり、体の要求に応じて、存分に飲みました。

ニンシアレッドは、中国ニンシア地方で栽培されたクコの実をはじめベリー類などが入ったサプリジュースですが、とてもバランスがとれたドリンクで抗酸化作用が高いポリフェノールがたくさん入っており、それだけで十分に栄養価が整っている、といわれています。だから、風邪ひきや具合が悪い時の栄養補給にもとてもよいんだけど、今回のファスティングではこのジュースの特長を使ってのチャレンジでした。

1日にバランスコンプリートやニンシアレッドジュースは飲みましたが、固形物はほとんどとらず。思えば水分も少なめでした。もっと水分を取った方がよかったかもしれません。今回は、デトックスというよりも、体験そのものによる精神状態の変化など内的な意味で自分を見つめることが目的だったようで、ファスティングの最中でどんどん自分の内面がシンプルにとぎすまされてゆくのを感じました。

おなかは減らないのか気になると思いますが、初めの3日間くらいは、さすがの私も食べ物のことを考えます^^ 今これ買いに行っちゃおうかな、とか、これ食べたい、、とか。でもこの波を乗り越えると、今度は食べなくても快適な状態に突入します。食べ物に囚われがなくなってくるので、食べ物のことを考えたりしなくなるの。そうなってくると、ほかにやるべきことに意識が向くし、五感が研ぎ澄まされてくるので、かえって気持ちよくなってきます。楽しい、っていうか。

今回は部屋の片付けをかねて実施していたので、自分の精神状態が落ち着くと部屋の片づけが進んだり、煮詰まるとまた食べ物への執着が出てきたり、それを乗り越えると、部屋も片付いたり、、、と現実の出来事(部屋の整理)と自分の精神状態がリンクするような感じで、壁を乗り越えてゆきました。

やはり3日間というのは1つのサイクルになっていて最初の3日間を乗り越えると、快適な3日間が、そしてまた壁がやってきて、3日くらい経つと乗り越えてすっきり、というサイクルをゆるやかに経験しながら、6日目に軽い回復食(おうどん)をとり、9日目に回復食復活。11日目くらいには普通のパスタライフに入っていました。


ファスティング中の気付きとしては。

自分がこの体重まで減ると限界だ、という体力ぎりぎりの体重があり、これは前回と同じ体重だったから、おそらくこれがベスト体重かな、という気がします。ちなみにBMI19ぐらいが限界のようです。今回はそれ以下になるよう限界超えをしてみましたが、超えてしまえばなんとかなるけど、やはり体力はがぜん落ちて、めまいがします(笑 なるべくベスト体重を維持できるようにするのがよいかな、と思う。

※ BMI(肥満度チェック)はここで調べられるよ。


私はとても極端な性格なので、こういったファスティングは性分にあってるのですが、食べる、という行為を一切断つことで、逆に食べるという行為の意味が見えたりします。当然のことながら、人間の肉体の維持には、食べる=栄養を補給する ことが、非常に大切であること。人間の体は食べ物でできている! 過剰な栄養は不要だが、食べ物から得るエネルギーが無になったとき、食べものを適量とると、心身の活力が復活してきます。やっぱり人間の体は食べ物が必要なんだ、と身をもって知る。また、ベスト体重までやってくると、肉体維持に必要最低限の体になっているので、水分を取れば、飲んだ分だけの体重が増え、排泄されてゆきます。このしくみ、当然ですが、感動します。赤ちゃんは食べたらすぐ数時間後にちゃんと排泄がされ、規則正しいロボットのようにそのサイクルがなされますが、ファスティングで肉体をリセットすると、ちゃんとその機能も戻ってきます。特に回復食をして強くそう感じたのですが、ファスティング中はお小水しかでません。でも、回復食をとると、ちゃんとその分だけ、数時間後きちんと便意がありバナナみたいに美しいベンがやってきます。すごい感動します。人間の肉体機能というものを再確認するような体験なのです。

そして、10日間も食をとらないので、初めて食べる食事には自然と手が合わさります。本当にそれがどんな食べ物であったとしても、感謝の念を感じずにはいられないのです。食べ物が体に入り、染みわたるのを感動とともに体験します。以前の私だったら、これらの食べ物が完璧な自然食やなにかの流儀にのっとったものでないと嫌だったかもしれません。でも、本当にどんな食べ物でもいいのです。ちなみに今回の回復食は、ドンキホーテで買ったおうどんでしたもん(笑 そのおうどんをグツグツ煮込んでやわらかくして、お味噌味にし、そこにオリーブオイルをたっぷりたらして食べます。ドンキのおうどんでもすっごくおいし~~です。お豆腐とかもすっごくおいしく感じます。ちょっとお腹が減った時、お豆腐とちょっとのお野菜とドレッシングとそれだけですっごくおいしい。シンプルで、自然な味が好きになります。

これは経験談ですが、今回はダイエット目的というよりも、精神修養みたいな形でのファスティングだったのですが、もしダイエットを目的に行うなら、塩分は控えめの方が確実に体重は落ちます。前回管理栄養士の指導のもとに行ったときは、OKな食はお野菜、フルーツなどカリウムがたくさん入っているもの、で、塩分は控えめにし、体内の水分をカリウムの力で排泄してゆくような意図で行ったので、本当に肉体がすっきりと排泄されてゆきました。今回はあまりそういった細胞のしくみまで活用していないので、痩せ方がちょっと違いました。塩分控えめにした方が、おなか周りとかもペッタンコにすっきりします。


それから、お肌の調子だけど、ニンシアレッドを飲んで、ベスト体重くらいまでは、すっごいお肌の調子もよいし、ピッカピカになって、潤ってゆきます。文字通りイイ感じにキレイになりますよ。やはりベスト体重を超えるとき、ちょっとやつれる感じが出ます。それを乗り越えるとまたよい感じに戻りますが。ファスティングは文字通り、肉体を限界までシンプルにして磨いてゆく感じがします。心身共に自分を見つめ、感度を高め、磨きこんでゆく。これはとても快感な体験で、はまります。


ファスティングを一度でも経験した人が、またやりたくなるのは、すごくわかるんです。
この快感な状態は、肉体が無駄なくシンプルに機能しているわけで、自分のお部屋がすっきり整ってスムースに機能しているのと同じ状態ですから、本当にすがすがしく気持ちがいいのです。


それでも、食べることには、楽しみやエンターテイメントの意味もありますから、その後お友達とご飯を一緒に食べたりした時の喜びもまた格別です。そんなメリハリを楽しみながら、自分の肉体管理をも楽しんでゆけたら、と今は思っています。

生活習慣予防士の資格試験では、健康についてまず学びますが、健康は「食べ物」「運動」「休養」どの柱もバランス良く行うことがベストです。健康おたくの私も、マッサージやトリートメントで「休養」やリラクセーションについて学び、マクロビオティックで食べ物について学び、それぞれに特化してハマった時期がありますが、それ1つでも効果は表れますが、やっぱり今は運動の必要性も感じています。ある程度のデトックス・癒しは「食べ物」「休養」で行えますが、肉体を磨いてゆく、機能を高めてゆく(活性化する)となると、やはり「運動」という項目ははずせないのです。特に呼吸、ストレッチ、あとは持久力なので、ウォーキングやマラソンやエアロビなどよいかも、と思いますが、楽しみながらやることが必要なので、それぞれ選択に個性が出る部分かとは思います。


4月に私自身の肩書をコンサルティングの方に相談し刷新したわけですが、その1つとして成熟した大人の美を探究するアンチエイジング・ナビゲーターと名付けました。ウェルネスライフを暮らしに導入することは、アンチエイジングライフ(ひいては長寿)につながってゆくのです。至極当然のことですが、太古の昔から、人々は権力やその他多くを手に入れると、やがて今度は長寿を願うようになります。人の欲望は果てしないよね。そのためにアロマや多くの薬草や秘儀が開発されたわけだけど、永遠の美、永遠の健康は、究極のぜいたくなのかもしれない。だけど、これをエゴからでなく、ウェルネス&グッドライフ(今を生きる)から望むとき、そこには執着もなく、健全な自律した望みになってゆくのかも。


私のこうした体験談は、アロマ de ダイエットというセミナーで今後皆さまにご紹介してゆきます。アロマを使ったウェルネスライフのご紹介、そしてデトックスダイエットのご案内を広く多くの方に行ってゆきます。健康おたくでなくても大丈夫☆ アロマや健康法の初心者の方に向けた単発セミナーにする予定です。すぐに取り入れられる健康法、生活習慣をご紹介し、お一人でも多くの方のウェルネスライフ&健康増進(予防医学)へと誘ってゆきますいろんなところで行いたいので、ご興味のある方はお声をかけてくださいね。2~3時間のワークで5000円を予定しています。アロマオイル1本付き。


今回のファスティング、実は思いつきで始めたのだけど。実際終わってみての感想は、「自信がついた」ことでした。あー、食べ物に依存しなくても、私生きてゆけるんだー、と。少なからずストレスを食べることで解決しようという癖があることはわかっていたけど、だから、何かあると食べることに依存する、という解決法がインプットされていたと思う。大分減ってきてはいるけど、強いストレスのときはやっぱり食べものに依存する。それが、食べなくてもOK、食べなくても生きてゆける、食べなくても大丈夫、と気付けることはすごいすごい自信になったのです。克己というのかな、何かを乗り越える、という経験(おおげさだけど、精神修養)をこのファスティングを通して実体験できた、のです。ホテルのファスティングで、興味はあるけど体験するのが怖い、という方がいらして、セラピーになれた今となってはその意味がよくわからなかったのだけど。おそらく人って、本能的にこれは自分に向き合っちゃうだろう、ということを知っていて、自分に向き合うことへの恐れ、のようなものが、ファスティング=怖い、、となるのかな、と感じます。ヒーリングやあらゆるセラピーは自分に向き合うためのツールだけれど、人の中には、真実を見る、ということへの根源的な恐れがあるのかな、と感じます。ありのままを、ありのままの自分を、腹を据えてじっくりと見る、というのは勇気がいることだけど、でも、それは逆にすごい感動することでもあるのですよ。自分という人間のすばらしさ、小さな小さなこと、読んだ本、見た映画、ささやかな経験、体験の1つ1つ、すべてが繊細で巧みに織り合わされたすばらしい宇宙の創造物なのだ、と気付くことでもあるのですよ。

トライしてみてね。ご興味のある方にはナビゲートします。




    +   +   +   +   +   +   +   +   +   


    ★「光の経営リーダーのための定期ケアプログラム」

     6月~8月の3カ月間ご優待モニター受付中


      まずは、無料コンサルティング(30分)へ。ご予約お待ちしております。

             090-8100-3715


    +   +   +   +   +   +   +   +   +   
[PR]

by aromavenus | 2010-06-15 07:26 | スピリチュアルコラム

自分の言葉

前回のつづき。だけれど、つづき形式ではありません。


私は今、自分の言葉を必死でみつけようとしている。


これは、だれかのモノマネやコピーではない、
自らの内からわきでる言葉、とでもいおうか。

そして、この言葉とは、自らの芯であり、叫びであり、
魂が本当に伝えようとしていることである。

極めれば、魂の目的、ともなる。


これは、ただひとつのオンリーワンであり、だれかと比較できるものでもない。

深く深く自らに根ざした、信念であり、思いでもある。


遠くからかすかに聞こえる、ささやきを頼りに
たぐりよせるように、ひきよせ、その源泉の泉にむかってゆく。

こんこんとわきでる真の泉は、だいぶ近づいてきている。

あともうちょっと。あともう少しのところまできている。


今までの私は、この泉を、

ある会社の信念であったり、ある品物であったり、だれかの言った言葉であったり、

私よりも先をゆく人であったり、多くを学んでいる人であったり、

成功をおさめている人であったり、自分より輝いている人であったり、

なにかそういう、自分の外にあるものにすりかえようとしていた。


それは、学びの初期においてはとても役にたつやり方であるけれど、

真理を探究し、理解しようと努めるとき、

そのやり方や信念を手放さなくてはならないときがくる。


真の自立 への目覚め。


内なる源泉とつながろうとする欲求。


だれかのものまねでも、コピーでもない、

内側から、素直に、つむぎだす力。言葉。

かけがえのないもの。

たどたどしく、流暢でないかもしれないけれど、

しぼりだされた、その言葉、その息吹は、貴く力強い力を放っている。

それこそが、私自身であり、私だけのエネルギー。


私がほしいのは、私が目指すのは、そういう絞り出された自らの力。言葉。エネルギー。


まずは、源泉につながること。

そして、つながりを太くし、磨きをかけてゆくこと。

それこそが、オンリーワンの力。私が目指す世界。


私が、ヒーリングやアロマを通して、導き出したい答え。






   アロマテラピー&ヒーリング  AROMAVENUS
[PR]

by aromavenus | 2010-05-11 02:16 | スピリチュアルコラム