名作「アルケミスト」より

    +   +   +   +   +   +   +   +   +   


    ★「光の経営リーダーのための定期ケアプログラム」

     
      まずは、無料コンサルティング(30分)へ。

             090-8100-3715


    +   +   +   +   +   +   +   +   +   


若いころから、何度も何度も読み返す。
読む度に気づきがあり、たまらない郷愁を覚える。

最近も以前頭に残っていた一文が何度もリフレインするので手に取ったら、
今度は全然違う文章が飛び込んでくる。もうボロボロだけど、捨てられない本。

あまりにも胸に響くので、気になる文章をシェアします。
心も体も魂も一体化して「自分の人生を生きる」ってどういうことなのか、
この本は教えてくれるような気がします。ご興味ある方は、手に取ってみてください。


d0146224_23111096.jpg



 少年はピラミッドの話をしたくなかった。彼の心は重く、昨晩から物悲しい気分だった。宝物を探し続けるということは、ファティマを捨てなければならないことを意味していた。

「わしがおまえを案内して、砂漠を渡ろう」と錬金術師は言った。

「僕はオアシスにずっといたいのです」と少年は答えた。「僕はファティマを見つけました。僕にとって、彼女の方が宝物よりも大切です」

「ファティマは砂漠の女だ」と錬金術師が言った。「彼女は、男は戻ってくるために遠くへ行かなければならないと知っている。それに、彼女はすでに自分の宝物を見つけたのだ。それはおまえのことだ。だから、彼女はおまえにも、おまえが探しているものを見つけてほしいと思っているのだ」

「では、もし僕がここにとどまったら、どうなるのですか?」

「どうなるか教えよう。おまえはオアシスの相談役になるだろう。たくさんの羊とたくさんのらくだを買うためのお金も、十分に持っている。ファティマと結婚して、二人とも一年間は幸せに過ごす。おまえは砂漠が好きになり、五万本のやしの木の一本いっぽんを知るだろう。それらは、世界が一刻一刻変わってゆくのを証明しながら育ってゆくだろう。おまえは前兆の読み方がどんどんうまくなってゆく。それは、砂漠が最高の先生だからだ。

 二年目のいつ頃か、おまえは宝物のことを思い出す。前兆が執ようにそのことを語りかけ始めるが、おまえはそれを無視しようとする。おまえは自分の知識をオアシスとその住民の幸せのために使う。族長はおまえのすることに感謝する。そして、おまえのらくだは、おまえに富と力をもたらす。

 三年目にも、前兆はおまえの宝物や運命について、語り続けるだろう。おまえは夜ごとにオアシスを歩きまわり、ファティマは、自分がおまえの探求のじゃまをしたと思って、不幸になる。しかしおまえは彼女を愛し、彼女はおまえの愛にこたえる。おまえは、ここにいてくれと彼女が決して言わなかったことを思い出す。砂漠の女は、自分の男を待たなければならないと知っているからだ。だからおまえは彼女を責めはしない。しかし、おまえは砂漠の砂の上を歩きながら、もしかして自分は行けたかもしれない、、もっとファティマへの自分の愛を信じることができたかもしれない、と何度も考えてしまう。なぜなら、おまえをオアシスに引き留めたものは、二度と帰って来ないのではないかというおまえ自身のおそれだったからだ。その時、おまえの宝物は永久に埋もれてしまったと、前兆は語るだろう。

 そして四年目のいつか、前兆はおまえを見捨てるだろう。おまえがもう、それに耳を傾けるのを止めてしまうからだ。部族の長たちはそれを発見して、おまえは相談役の地位を解かれてしまう。しかし、その時にはおまえは金持ちの商人になっていて、多くのらくだや商品を持っている。おまえはその後の人生をずっと、自分は運命を探求しなかった、もうそうするには遅すぎると思って、暮すだろう。

 男が自分の運命を追求するのを、愛は決して引きとめはしないということを、おまえは理解しなければならない。もし彼がその追求をやめたとしたら、それは真の愛ではないからだ、、大いなることばを語る愛ではないからだ」

・・・ 少年は、ずっとメッカに行きたいと思っていたクリスタルの商人と、錬金術師を探していたイギリス人のことを思った。彼は砂漠を信じている女性のことを思った。そして、愛する女性のもとに自分を連れてきた砂漠のかなたを見つめた。
 
 二人は馬にまたがった。・・・・

「僕はあなたと一緒に行きます」と少年は言った。すると、彼はすぐに心の中に平和を感じた。
「明日、日の出の前に出発しよう」錬金術師はそう答えただけだった。

(角川文庫「アルケミスト」P140~143より抜粋)





    +   +   +   +   +   +   +   +   +   



スピリチュアルワールドが好き。

もっと善いことできないかな。

自分って何だろう。

ますます輝く人生を。そんなあなたに。

10月9日(土)・10日(日)

ライトワーカー入門「アデプトプログラム」






 

お花や植物を愛する人に、お花のやさしい力で癒しを。

女性ならではの不安やイライラの解消に。

人生の変容期にある人に。日常の感情のコントロールに。

心と魂の癒しを望むすべての人に。

10月11日(月・祝)・31日(日)午後2時~5時


バッチフラワーレメディ講座(全2回)開催

このクラスは、カフェロイムで行います。






週に1度、ココロとカラダをリセットしよう。

アロマストレッチ&呼吸法のお気楽なサークル仲間募集中☆


アロマ健康サークル「オープン☆ハート」


10月7日・14日・17日・26日夜 東那須野公民館にて



    

    +   +   +   +   +   +   +   +   +   
[PR]

by aromavenus | 2010-10-07 23:39 | ヒロミの日常